正直に生きたら嫌われる!と思っているあなたへ♪

クライエントさんに
「自分の心に正直に生きると世界が変わるよ^^」
と提案すると

 

「え~…自分の心に正直に生きたら
わがままだ、とか自分勝手だって
言われませんかびっくり??」

 

と、言う答えがたまに返ってきますウインク

 

自分の意見よりも
他の人の意見を
優先してきた女性たちにとって

 

正直に生きる=自己中心的・わがまま
と思ってしまうのは仕方のないこと。

 

でもね
自分の意見を言うことは
わがままじゃないんだよ♪

 

自分の意見や思いを
相手に伝えること

 

「私はこう思います」という
意思表示は
健全なコミュニケーションです。

 

それがわがままに変わってしまうのは
自分の意見が絶対正解だ、と勘違いして
相手にごり押し
し始めた瞬間、かもしれない。

 

そもそも二人以上の人間がいて
意見が一致することって
ある意味奇跡なんだよねニコ

 

それぞれの意見を
尊重して対話をして
いい塩梅で落としどころを見つけられると
わがままなんかにはならない

 

だけど、私たちは
自分の意見を言うこと自体が
わがままなんじゃないかって恐れてしまう。

 

それゆえに自分の意見を
相手に譲ろうとしたり
我慢しておけば無難とか
考えちゃう。

 

小さい頃から
自分の意見を言うと

わがままはだめでしょ!なんて
怒られてきた人は
自分さえ我慢すれば、って
生きる知恵というなの
囚われを身に着けるのよね。

 

例えば
ランチはパスタにする?和食にする?

と聞かれた時に
本当はパスタが食べたいのに

 

「どっちでもいいよ」
「あなたが食べたいものでいいよ」
なんて
意見を譲ってしまうは…
自分の身を守ってはいるけど
正直に生きてない、ってことなんだ。

 

些細なことだけど
自分に課した我慢は
積もり積もれば、山となる。

 

「あ~私のことだ・・・」って
思った人は自分の正直な気持ち
少しずつでいいから解放してあげてね
ニコ

 

――――――――――――――――

 

あと

 

自分を出すことは
わがままなことで
わがままを言うことは
周りに迷惑を掛けることだ。

 

だから
自分は人に迷惑をかける人間だ
という囚われが入ってる人いるかな真顔

 

意見を言うと人に迷惑がかかる、という
囚われがあると、どうしても
自分を押し殺してしまう。

 

でも、この囚われ…
ある意味正解なの。

 

日本人は

 

「人に迷惑をかけてはいけない」と
教えられて育つでしょ。

 

でも外国では
「そもそも人は迷惑をかける生きものだから
他の人にも寛容になりなさい」って
教えるのだそう。

 

私は迷惑を掛ける存在です。
ごめんなさい、でも許してね。
こんな私だけど受け入れてね。
あなたのことももちろん許します。
という感謝の元に育てられるんだそう。

 

ということで…
私はこう思うのです。

 

正直に生きている人と
わがままな人との
決定的な違い。それは

 

自分の意見を言ったときに
当たり前・これが正解と思っているか
ごめんね、ありがとう
私はこの意見だから
あなたと違っても許してね、

 

でも私はあなたの意見を受け入れます
(あなたの意見も愛してます)と
思っているか

 

の違いなのかな?って思います。

 

ちなみにこの
「ありがとう・ごめんね
許してね・愛してるよ」という
気持ちを
感謝の気持ちといいます。

 

 

心の囚われを解放し幸せな自由人になる3つのステップ無料メルマガ参加方法について




《メルマガ登録》

ブログの記事とは少し違ったより深い内容と エネルギーや波動の話も盛りだくさん。



メルマガの詳しい説明はこちら↓
心の囚われを解放し幸せな自由人になる3つのステップ無料メルマガ参加方法について
 


《井上やえプロフィール》

*心と体と氣の囚われ解放セラピスト・講師
  ・アロマインストラクター・セラピスト
  ・心理セラピスト
  ・エネルギーヒーラー
   詳しいプロフィールはこちら
 
*ホンマルラジオかがわ・ラジオパーソナリティ
  ・番組名「井上やえのじっくり聴かせて♪」



鳥の鳴き声と緑に囲まれた
長閑な四国・徳島在住

ボディセラピスト歴12年
心理セラピスト歴5年。
総施術数10000人以上。

自身の病気克服体験と
心のトラウマから解放された経験をもとに
心と体と氣の多角的な癒しと 各種講座を提供しています。

 
 

《その他の発信》
 
友だち追加
ワークや講座などのお知らせが届きます。
個別にご質問ができます。

 

囚われ解放の一言ヒントを
つぶやいています。

 

囚われ解放幸せな自由人の
Facebookページ。
グループで交流ができます。

 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る