「感じたまんま」がありのままのあなた

自分の気持ちが分からない
何をしたいかが分からない
自分が何者なのかが分からない

 

自分のことが分からない。
そんな女性、案外多いんです。

 

そういう女性は人に譲ったり
優しさがある反面
自分の気持ちを押し殺して
生きてきたため

 

本当の自分を
無くしてしまった状態なの。

 

彼氏と行ったレストランで
食べたいものを聞かれても
「なんでもいいよ~」と答えたり

 

旅行先から
帰ってきた友人に
数種類のお土産を差し出され
どれが欲しいと聞かれても
「残ったものでいいよ~」と
つい言ってしまう。

 

この心の奥底には

 

「意見を言うと嫌われる」
「私には選ぶ権利がない」
「私の意見など誰も興味がない」
「私には価値がない」

 

という囚われが隠されていることが!

 

そうなると
選んだり楽しんだりすることが
楽しくなくなるよね。

 

誰かに選んでもらうことに
慣れてしまうと
自分で選ぶことが
出来なくなってくるし
(流されやすくなります)

 

自分のことが分からない
という人は囚われていることにすら
気が付いていないことも多い(><)

 

囚われというのは
今までに無意識に
取り込んできた概念や
思い込み、色眼鏡のことで
いわゆる自分迷子状態が
この状態です。

 

でもね、本当の自分とは
考えて出てくるものではないんです!

 

本当の自分とは
感じていること、そのものなのね。

 

たとえば先ほどのレストラン

 

レストランでメニューを
広げ、美味しそうな
魚料理に目が釘付けに
なったとします。

胃が上がり、喉がゴクリ
としたけど

(ここはワリカンだし
皆に合わせておこうかな…)

と考え「なんでもいいよ」
と答えてしまった。

 

この場合青字の部分が感じた事。
赤字が考えたこと。黒太字は行動。

 

実際に
魚をおいしそうに感じているのですが
すぐさま思考がやって来て
自分の今までの経験を参照しながら
相手に合わせるという行為を
選んでしまっている。

 

感情を無視して
頭でばかり考えていると
本当の自分が
分からなくなるのよね。

 

感じている瞬間が「自分」であり
「感じたまんま」がありのままのあなた
喉がごくりとした、それが本当のあなたドキドキ
なの。

 

この感じている瞬間を
大事にするようにしてね!
思考(左脳)が優位の方は
ついこの感じる部分を
瞬時にスルーする癖がついるから。

 

でも一番大事なのは
まさしく「感じる」ことなの音譜

 

感じていることを
大切にできる様になってくれば
自分のことを
思い出すようになってきます!!

 

あ、私本当は人に合わせるのが嫌なんだ
とか、私はこれが好きだったんだ…など
自分がちょっとずつ戻ってくるよ。

 

まずはその感覚を取り戻してね♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る