心のメンテが停滞した時にやるといいこと

春近し^^
四国・徳島は三寒四温という言葉が
しっくりくるこの頃です。

 

 

《三寒四温》

冬期に寒い日が3日ぐらい続くと
そのあと比較的温暖な日が
4日ぐらい続き、寒暖が繰り返されながら
春を迎える現象。

 

 

この時期はよくある現象かと思いきや
日本では
珍しいそうです。
春近し…🌸という
イメージが湧くので私は大好きな言葉です。

 

 

ところで…気候が温かくなる過程で
起こるこの現象って
人の成長に似てると思います^^

 

 

たまにセラピーの時などに
自分が良くなっていく過程は
三歩進んで二歩足踏み、という時もあるよ。
時に下がるときもある。

永遠の右肩上がりはないよ。」と
お伝えすることがあるのですが

 

 

温かいが進歩なら
寒いが足踏みや退歩だと仮定して

 

 

進歩しているなぁと感じる時は
なんだかすべてがうまくいっているような
気がするんだけど

 

 

でも、いざ足踏みや退歩を感じ始めると
自分がとてつもなくダメな人間で
全然変われてないと落ち込んだり

前よりいけてないんじゃないかとすら
感じることもある。

 

 

セルフメンテナンスを始めた頃に
ちょくちょく陥る状態でもある。
ダイエットの停滞期とよく似てるかな?

 

 

ダイエットの停滞期は
体重が順調に減り始めた時に

急に体重が減らなくなる現象ですよね。

 

 

これは体を守ろうとする
「ホメオスタシス機能」が

働くからと言われていて

 

 

体重が一気に減ると
危険を察知して餓死から身を守ろうとする
防衛反応なんですね^^;

 

 

脳にもそのような機能があって
相当大きな衝撃(命の危機など)でもない限り
基本的に大きな変化を嫌います。

 

 

なかなかすんなり変わらせてくれない
という特徴を持っているのです。

 

 

脳が気づかないレベルの小さな変化で
変わっていく必要があるの。

 


なので。

 

 

もしかしたら、早く変わりたいがために
無理に頑張ってる可能性があるから
そんな時は見直しが必要かな。
とにかく
焦りは禁物です^^

 

 

あと、そんなときって自分の現在地をちゃんと
把握できていないことが多いです。

 

 

冷静になって少し長いスパンで
自分を振り返って見てみると
何歩も前に進んでる自分に気が付くこと
って
よくあるんですよ。
(「いつのまにか前進」!! )

 

 

でも停滞している部分にばかり
フォーカスしてしまうので

「私ってだめだ…」と落ち込んじゃうわけ。

 

 

そんな時は自分に問う。

 

 

私は本当に進歩してない?
何か進んでいることはないかな?
良くなっている部分はない?

 

 

と、意識の向け先を
変えて自分に質問してみて。

 

 

思ったよりもたくさん、見つかると思うよ!!

 

 

あと、自分の進捗状況を
数字にしていく、という方法もあります。
目に見える形で数値化すると
嫌でも分かるからね。
この作り方はまた5月に発表予定の
セルフメンテナンスプログラムで
お伝えしていきます^^

 

 

それでも分からない時は身近な人に
「私って最近変わったと思う?」と
直接聞いてみるといいですね^^

 

 

寒くて震えながら窓の外を見ると
桃の花が咲いた!というように
自分の中の「いつのまにか前進」に
意識をフォーカスしてね!




《メルマガ登録》

心のケアをはじめ エネルギーや波動の話も盛りだくさん。



メルマガの詳しい説明はこちら↓
心の囚われを解放し幸せな自由人になる3つのステップ無料メルマガ参加方法について
 


《井上やえプロフィール》

*心と体と氣の囚われ解放セラピスト・講師

アロマテラピー・リンパケア・心理学・自然個性学・エネルギーヒーリング・ストーンセラピー・瞑想・整顔で心と体と氣の囚われを解放しゴキゲンに導きます♪
   ・詳しいプロフィールはこちら
 
*ホンマルラジオかがわ・ラジオパーソナリティ
  ・番組名「井上やえのじっくり聴かせて♪」



四国在住

ボディセラピスト歴12年
心理セラピスト歴5年。
総施術数10000人以上。

自身の病気克服体験と
心のトラウマから解放された経験をもとに
心と体と氣の多角的な癒しと 各種講座を提供しています。

 
 

《その他の発信》
 
友だち追加
ワークや講座などのお知らせが届きます。
個別にご質問ができます。

 

囚われ解放の一言ヒントを
つぶやいています。

 

囚われ解放幸せな自由人の
Facebookページ。
グループで交流ができます。

 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る