氣は当たり前にあるもの。

心の囚われを解放し幸せな自由人になる3つのステップ無料メールマガジンでもエネルギーのことに結構触れているんですが興味あるかた多いです^^

 

 

私自身、ずっと生き辛さを抱えていましたが、体を壊したことがきっかけで自分と向き合うきっかけを得て、さらに心と体を見つめていくうちにエネルギーも密接につながっているということを知り、それから心と体と氣のトリニティを楽しく探求する日々です♪

 

 

エネルギーというより氣と言った方が分かりやすいという方もいらっしゃるので今日は氣という言葉を使いますね♪

 

 

氣は私たちが当たり前に触れ合っているもの、です。
私たちの周りに当たり前にあるもの、と言った方がいいかな?

 

 

「氣心」「氣合い」「氣が収まる」「氣量」「氣を配る」…日本語にはたくさん「氣」の入った言葉がありますが「氣」をあえて意識することなく、空氣のように感じてきました^^

 

 

氣をエネルギーに例えてみると…元氣は元のエネルギー、病氣は病んだエネルギー、氣分はエネルギーを様々に分け、氣品は品のあるエネルギー、氣運とは事がある方向に進もうとするエネルギー、陽氣は外に飛び出すような明るいエネルギーで、陰氣は内に籠るようなエネルギー…

 

 

氣のつく言葉を探すときりがないくらい!!それだけ私の周りは「氣」つまりエネルギーだらけ!!ってことです(*^-^*)!!

 

 

ちなみに私は「氣」という字を使っていますが、これは気の正字です。あえてこの「氣」の字を使うのには訳があります。

 

 

昔は日本でも正字の「氣」が使われていました。

 


ーここから先は合氣道最高段位十段藤平光一さんの著書や蔦宇兵衛さんのサイトを参考にさせていただいています。ー
(※井上やえとは直接の関係性はありません。)

 

 

その昔、日本語は世界で一番周波数の高い言語で、その日本語を使う日本人の精神性は非常に高く豊かな民族と言われていました。

 

 

しかし、ある時日本は戦争に負けてしまいます。アメリカは戦争に勝ったものの、その髙い精神性を危惧し日本人の精神の元となる字を取り上げようとします。

 

 

例えば「靈」という字。これは巫女が口を開いて雨を受け取る形だそうです。巫女とは天地を繋げる存在で、日本民族は元々全員がそういった力を持っているそうです。これを恐れたアメリカは靈という字をマスコミや教育機関を操り「霊」という字にすり替えます。

 

 

これだけをとっても、氣・エネルギーを当たり前のように感じる日本人の精神性は当時のアメリカの脅威になっていたことは間違いありません。

 

 

「氣」という字も同じです。氣の中にある米という字は四方八方へのエネルギーの拡散を意味しています。米は日本人の力の源となるものでもありますよね。氣という字は「気」という字に変えられます。そう、「〆」に変えられているんです。

 

 

それにより、日本人の潜在能力を封じ込めようとしたわけです。

 


 

氣とは四方八方に広がるエネルギー。私たち日本人の精神性を取り戻す力があります。なので私はあえてこの字を使っている、というわけです^^

 

 

 

氣の深い話はメルマガで書いていますので
もしまだ登録していない方は
良かったら登録してください^^

 

 

「心の囚われを解放し幸せな自由人になる」ための押さえておくべき3つのステップと誰でも取り組める簡単な習慣や知恵などを毎日メルマガで無料配信していますが、こういったエネルギーの観点からもお話ししています^^365日で一通りの知識が身につくようになっています。

 

 




《メルマガ登録》

心のケアをはじめ エネルギーや波動の話も盛りだくさん。



メルマガの詳しい説明はこちら↓
心の囚われを解放し幸せな自由人になる3つのステップ無料メルマガ参加方法について
 


《井上やえプロフィール》

*心と体と氣の囚われ解放セラピスト・講師

アロマテラピー・リンパケア・心理学・自然個性学・エネルギーヒーリング・ストーンセラピー・瞑想・整顔で心と体と氣の囚われを解放しゴキゲンに導きます♪
   ・詳しいプロフィールはこちら
 
*ホンマルラジオかがわ・ラジオパーソナリティ
  ・番組名「井上やえのじっくり聴かせて♪」



四国在住

ボディセラピスト歴12年
心理セラピスト歴5年。
総施術数10000人以上。

自身の病気克服体験と
心のトラウマから解放された経験をもとに
心と体と氣の多角的な癒しと 各種講座を提供しています。

 
 

《その他の発信》
 
友だち追加
ワークや講座などのお知らせが届きます。
個別にご質問ができます。

 

囚われ解放の一言ヒントを
つぶやいています。

 

囚われ解放幸せな自由人の
Facebookページ。
グループで交流ができます。

 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る