幸せな自由人になるのにかかった時間

八重さんは囚われを解放するのに
どのくらいかかりましたか?という
ご質問をいただきました。

 

私が【無気力ですねた人生】を解放し
幸せな自由人になるまでに要した時間は

3年!です(≧▽≦)

 

これは
「幸せな自由人になる!」と
決意してから
「私、幸せ!」と
感じるまでの期間です。

 

長いと感じますか?
短いと感じますか?

 

この3年間というのは
色々と遠回りをした期間も入ります。
(セミナージプシーとか
その場しのぎの・・という遠回り)

 

また楽しいことばかりではなく
紆余曲折ありました!

 

進んだと思ったら大きく戻る
という状態になることも
ありましたが

 

諦めずに続けることが功を奏しました♪
(諦めないというよりも
気負わなかったと言う方が
しっくりくるかも^^)

 

後退しているように感じても
そこに意識をフォーカスするのではなく

どんな小さなことでもいいので
進んでいる部分にだけフォーカスし
焦らなければ一進一退の状況は
打開できます。

 


 

私が心理セラピーやヒーリング、
講座を
行う際に
必ずお伝えしていることに

 

焦らないこと。
一気に変わろうとしないこと。

 

というのがあります。

 

今まで自分を守りながら
何かと猛烈に闘ってきた人は
とくに、焦らないことが重要です。

 

脳には安定化志向という
特性があります。

 

大きく変わろうとすると
危険を感じ、元に戻ろうとする特性で
急激な変化を嫌います。

 

一気に高揚したり「私は変わった!」と
短期間で変化を感じるような場合は
この安定化志向が働いて

元よりもぶり返す場合があります。
もしかしたら経験ある人も多いのでは?

 

半年、一年、二年、と長いスパンで
気負わずにチャレンジし続けていると

振り返った時に
「あ、私変わったかも…」と感じる。
そんな変わり方がBESTです。

 

私の場合は体を治すことから始まり
心理セラピーとヒーリングに辿り着くまで
少々遠回りしてしまいましたので

 

3年という期間は
少し長かったかもしれませんが
私的にはベストでした。
遠回りもまた学び。

 

個人差がありますので
もっと早い人もいれば

もう少しかかる場合もあります。

 

あまり周りと比べず
ご自分のタイミングで
ゆっくりジワジワと
変わっていって
欲しいと思います^^

 


 

ところで、私は
変容していくことを
「変わる」という言葉で
表現しますが

 

本来
自分らしく生きられるように
なる過程では
変わるというよりも

 

「本来の自分に戻っていく」が
正しいと感じています。

 

本来の自分とは

 

ありのままのあなた
囚われを身につける前の純粋無垢なあなた
感じるままのあなた
喜びを感じるあなた
わくわくしているあなた
心地良い状態のあなた
ジャッジの無いあなた
あなたそのもの…

 

ありのままとは
理想化した自分になること

ではなく

 

好き
嫌い

 

シンプルにそう感じるままの状態です。

 

(ちなみに好き嫌いを感じることは
ジャッジではありません。
ただそう感じている、という状態です。
それに理由付けするとジャッジ

なっちゃうんですね。)

 

 

好きという感情も
嫌いという感情も
全てあなたで、何の間違いもありません!!

 

本来のあなたは
とてもシンプルなのです^^

 

 

 

 

 




《メルマガ登録》

心のケアをはじめ エネルギーや波動の話も盛りだくさん。



メルマガの詳しい説明はこちら↓
心の囚われを解放し幸せな自由人になる3つのステップ無料メルマガ参加方法について
 


《井上やえプロフィール》

*心と体と氣の囚われ解放セラピスト・講師

アロマテラピー・リンパケア・心理学・自然個性学・エネルギーヒーリング・ストーンセラピー・瞑想・整顔で心と体と氣の囚われを解放しゴキゲンに導きます♪
   ・詳しいプロフィールはこちら
 
*ホンマルラジオかがわ・ラジオパーソナリティ
  ・番組名「井上やえのじっくり聴かせて♪」



四国在住

ボディセラピスト歴12年
心理セラピスト歴5年。
総施術数10000人以上。

自身の病気克服体験と
心のトラウマから解放された経験をもとに
心と体と氣の多角的な癒しと 各種講座を提供しています。

 
 

《その他の発信》
 
友だち追加
ワークや講座などのお知らせが届きます。
個別にご質問ができます。

 

囚われ解放の一言ヒントを
つぶやいています。

 

囚われ解放幸せな自由人の
Facebookページ。
グループで交流ができます。

 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る