ありのままに生きるとはアナ雪のエルサのような生き方?

アナ雪のヒットから
よく聞くようになったフレーズ
「ありのまま」

 


ありのままって結局なんだろう
ありのままの自分、
ありのままに生きるって?

 

 

ありのままって
なんだか分かるようでわからないフレーズ~(;^_^A
幻想的というかぼんやりしてますよね~

 

 

人間関係で悩んでいるときに
「あなたはありのままでいいのよ!」
なんて言われても
いまいちピンと来ないですよね(;^_^A

 

 

ということで、ありのままってなに?と
聞かれることがよくあったので
「ありのままの自分になるワークショップ」
をサロンで開催したことがあります^^

 

 

自分が嫌い!という女性に向けた
ワークショップで
とても好評だったのですが
今日はもっと分かりやすく
お伝えできたらと
思います♪

 

 

今日お伝えしたいありのままは…
ずばり一言で言うと

「等身大」

 

 

デジタル辞書によると
等身大とは
・誇張も虚飾もない姿
・持っている力に見合うこと
・背伸びしない
・肩肘はらない
・無理のない、かわらない
という意味があるようです。

 

 

こう聞くと
あ~なるほどって思いますよね!

 

 

そうそう
過去、私は頑張りすぎて
体調を壊したことがあるのですが
その時何が起こっていたかというと

「私ならできる、私なら頑張れる」と
自分を信じ込ませながら、
肩肘張って、虚勢を張って
最後は倒れました(;’∀’)

 

 

等身大の自分を客観視できなかった、
力量を分かってなかった結果でもありますね。
つまりありのままではなく
自分を「過大評価」してたわけです。

 

 

私はよくブログに
「自分にはもっと可能性があると信じよう」
と書いていますが

 

 

これは誰にでも当てはまるわけではなく
過小評価してしまっている女性にむけて
もっと自分を信じて等身大の自分を
見つめて欲しい。という想いが詰まっています。

 

 

でも過大評価してしまっている女性が
「無限に可能性がある!」と思ってしまうと
自分の能力以上に
突っ走ってしまい、頑張りすぎで倒れる、
空回りする、執着する…
なんてことにもなりかねないわけです(;^_^A

 

 

可能性は誰にでもあるけど上限はある。
その上限を
見定めることも等身大で生きることであり
ありのまま、であると思うんですね。

 

 

「私にはなんでもできる!」と
感じている瞬間は
最高に心地いいんですけどね(;^_^A
体調壊したり、現状打破できない場合は
ありのままから遠ざかってるかもですよ(◎_◎;)

 

 

ということで
ありのままに生きるとは

・等身大の自分で
肩肘張らずに
自然体で生きること
・身の丈に合った、背伸びしない自分で
生きること
・足が地に着いた生き方
・バランスの取れた生き方

といったところですね♪

 

 

今とても心が囚われているけれど
ありのままの生き方をしたい!という人は
まず等身大の自分を知り
等身大の自分を受容することから
スタートです。

 

 

その方法は2018年初夏に発表される
心リバランスセルフケア講座で
お伝えしますのでお楽しみに(*^-^*)

 

 

 

 

 

ありのままに関して過去記事もあります♪

ありのままって人間臭さを認めること。

「感じたまんま」がありのままのあなた

衝撃!自分軸で生きると自己中になる?

 




《メルマガ登録》

ブログの記事とは少し違ったより深い内容と エネルギーや波動の話も盛りだくさん。



メルマガの詳しい説明はこちら↓
心の囚われを解放し幸せな自由人になる3つのステップ無料メルマガ参加方法について
 


《井上やえプロフィール》

*心と体と氣の囚われ解放セラピスト・講師
  ・アロマインストラクター・セラピスト
  ・心理セラピスト
  ・エネルギーヒーラー
   詳しいプロフィールはこちら
 
*ホンマルラジオかがわ・ラジオパーソナリティ
  ・番組名「井上やえのじっくり聴かせて♪」



鳥の鳴き声と緑に囲まれた
長閑な四国・徳島在住

ボディセラピスト歴12年
心理セラピスト歴5年。
総施術数10000人以上。

自身の病気克服体験と
心のトラウマから解放された経験をもとに
心と体と氣の多角的な癒しと 各種講座を提供しています。

 
 

《その他の発信》
 
友だち追加
ワークや講座などのお知らせが届きます。
個別にご質問ができます。

 

囚われ解放の一言ヒントを
つぶやいています。

 

囚われ解放幸せな自由人の
Facebookページ。
グループで交流ができます。

 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る