「なんとなく生き辛い」は楽しんでもいいし、向き合ってもいい

【心の囚われ】とはあなたを苦しめる
「可能性を制限している思い込み」や
「固定されてしまった観念」
「一面的な視点」「歪んでしまった認知」
「未完了の思い」「子供時代の辛い感情」
などを指します。

 

そしてその囚われを軸に
人生が展開すると
様々な問題が起こり、
生き辛く、エネルギーが枯渇し
人生に疲れてしまいます。

 

ところで、自分が囚われているかどうか
はっきりわかっている人って
ごくわずかです(;^_^A

 

だから「なんとなく生き辛い」けど
忙しい毎日にけむに巻かれて
喉の奥に刺さっている小骨の違和感を
仄々と感じながら生きている
って人がどんなにたくさんいることか(;^_^A

 

このなんとなく生き辛いって曲者なのよね(≧▽≦)
だってね、はっきり
「私はくるしい!」「私はもう無理!」
「何も手につかない!」「体調がすぐれない!」
というところまで来たら
嫌でも向き合わされるから。

 

でも、「なんとなく生き辛い」
っていうあいまいな状態…
…いわゆるグレーゾーンって

 

めちゃくちゃ悩んでいるっていうよりは
それなりに楽しかったり、それなりに
人生を謳歌しているようにみえる。
周りからみたら成功者に見えたりもする。
友達に囲まれ、キラキラリア充に見える。
だけど心の隅っこにぽっかり穴が開いている。
そんな感じ(;^ω^)

 

見えている部分は幸せなわけだから
周りの人に理解してもらえないし

自分すらも正体が分からないから
突然不安に襲われることもあるんだよね。

 

だからこそ
「あれ?もしかしたら私、なんか
囚われているのかも~?」って
気付くことは、大事よ。
解放のスタート地点だから♥

 

あ!でもね、
囚われ解放のポテンシャルが高い方は
とっとと小骨を自力で抜いてポイ
する人もいるし


小骨が刺さっていても
「そんなの気にならない~♪」っていう
人も
います。


または
この小骨が刺さってくれているから

今の私があるんです!小骨最高!ありがとう!
っていう人もいます(≧▽≦)

 

(そんな方はこのブログ
読んでないと思いますが(;^_^A )

 


気にならないのにあえてそこに

スポット当てる必要はなし!だけど

 

 

あの小骨が刺さった感じが
もう嫌なの!
何か問題が起こった時

ついつい小骨のせいにしちゃうの!
抜こうと思ったけどあと一歩なの!

 

という人は向き合っても
いいんじゃないでしょうか♪

 

あ、そうそう。向き合ったとして…
「小骨のせいにしちゃってますけど

小骨なんて最初からなかったみたいね~」
という人も中にはいます(*´ω`*)
だけどそれも気づきなのでOK。

 

あと、「小骨が刺さっているかどうか
そんな事実はどうでもええ~
気づきなんかいらん~
さっさとこの違和感をどうにかしたい!」
という人もいます。
それはそれでどうにかなる(*´ω`*)

 

 

ちなみに、私は
体調を崩すことで
自分の小骨と向き合わされました。

 

多分、体調崩してなかったら
なんとなく生き辛いけれど
それなりに生きてたと思います。

 

でもやっぱりね
小さな小骨でも
なんとなく気になっているうちは
ご飯の美味しさを楽しめなかったり
他のことに心底夢中になれなかったり
するわけなのね~

 

 

気になる小骨。放置せず
どこに刺さってるか見つけて、抜きません?
そんな方法をメルマガで書いてるから読んでみてね♪
365日で
「心の囚われを解放し幸せな自由人になる方法」を学ぶよ♪


簡単登録はこちら




《メルマガ登録》

ブログの記事とは少し違ったより深い内容と エネルギーや波動の話も盛りだくさん。



メルマガの詳しい説明はこちら↓
心の囚われを解放し幸せな自由人になる3つのステップ無料メルマガ参加方法について
 


《井上やえプロフィール》

*心と体と氣の囚われ解放セラピスト・講師
  ・アロマインストラクター・セラピスト
  ・心理セラピスト
  ・エネルギーヒーラー
   詳しいプロフィールはこちら
 
*ホンマルラジオかがわ・ラジオパーソナリティ
  ・番組名「井上やえのじっくり聴かせて♪」



鳥の鳴き声と緑に囲まれた
長閑な四国・徳島在住

ボディセラピスト歴12年
心理セラピスト歴5年。
総施術数10000人以上。

自身の病気克服体験と
心のトラウマから解放された経験をもとに
心と体と氣の多角的な癒しと 各種講座を提供しています。

 
 

《その他の発信》
 
友だち追加
ワークや講座などのお知らせが届きます。
個別にご質問ができます。

 

囚われ解放の一言ヒントを
つぶやいています。

 

囚われ解放幸せな自由人の
Facebookページ。
グループで交流ができます。

 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る