変わりたいと思ったら…自分の棚卸を♪

こんにちは、井上です。

 

 

囚われを解放する上で
重要になってくるのが自分の
スタンドポイントの棚卸(^-^)

 

 

スタンドポイントとは
視点・観点・見方・立場

のことなんだけど

 


簡単に言うと

 

「今までそのスタンドポイントで
人間関係うまくいかなかった、とか
心地よくいられないなら

それ本当に持ち続けてていいのかな?
他のスタンドポイントに変えた方が
上手くいくかもよ?

 

 

というのを
やっていくこと(*^-^*)♪

 

 

まぁ、スタンドポイントって
小さい頃に身に着けた
ものの考え方なので

 


自然と、無意識に
やってること
がほとんど。

 

 

だから自分では気がつきにくい
っていう特徴がある。

 

 

よくある「あるある」なんだけど

 


とにかく変わりたくて
色んなセミナー駆け込んだり
いっぱいメンターつけて
斬新な考え方やスキルを
どんどん取り込んでいっても

 


無意識に持ってるスタンドポイントの
在庫整理していかないと
いつの間にか
在庫過多になっちゃったり

 


余計こんがらがったり遠回りして
思ったようにいかない
なんてことがある。

 


現状を分かってないと
整理することはできないでしょ?
結局どう
行動したらいいのか分からない
って人が結構いるんだ。

 

 

だから、自分のことを知るって
すごく重要なのね。

 

 

私が昔そうだったから
よくわかるんだよね(;^ω^)

 

 

で、スタンドポイントっていうのは
小さい頃に身に着いたものが
ほとんどなので
手離すのに勇気がいるのね( ノД`)

 

 

身につくってことは
血肉になってるってことだから
自分の一部になっちゃってる。
もう、=自分なの。
それを手離すってことは

自分の手足を
もぎ取られるようなもんだからね~

(気持ち悪いたとえでごめん~)

 

 

もうちょい分かりやすい例えでいうと

 

 

例えば海外旅行に行って
そこの国のルールに
一時的に合わせることは
できても

 

 

じゃあ、永住しましょう
ってなったときに

今までのルールをすっぱり捨て去って
新しいルールで暮らすことって
かなり勇気と決断が必要だよね。

 

 

今までの当たり前を
整理して、新しいものに
シフトさせていくって

相当大変だと思うの。

 

 

だけどそれを乗り越えると
新天地を自分のものに出来るのね(*^-^*)

 

 

で。

 


いきなりシフトさせるのは
脳の安定化志向に
思いっきり阻止されちゃうから

 


まず
「見直し」「棚卸」して

 


何か問題が起こった時に

どうしてそういう考えを
しちゃうんだろう~とか
観察していくことから始める。

 

 

焦らずに自分をじっくり観察する。

 

 

他人軸の人は
自分の感情やスタンドポイントを
軽視しちゃってるから
自分を観察するってことが
すっごく苦手だと思うんだけど
がんばってみよう。

 

 

自分を知っていくことは
自分軸を作る作業の一つ。
自分軸を作ることは
囚われを解放するのと
セットになってるから
焦らず、取り組んでいこう。

 

 

まずは今持っているスタンドポイントを
棚卸。在庫を確認したら
何を手離して、何を足していくのか

自分で確認する(*^-^*)
それが分かったら
次の何をすればいいのかが分かるよ♪

 

 

棚卸が出来ない、という人は
ご相談くださいね(^O^)/




《メルマガ登録》

心のケアをはじめ エネルギーや波動の話も盛りだくさん。



メルマガの詳しい説明はこちら↓
心の囚われを解放し幸せな自由人になる3つのステップ無料メルマガ参加方法について
 


《井上やえプロフィール》

*心と体と氣の囚われ解放セラピスト・講師

アロマテラピー・リンパケア・心理学・自然個性学・エネルギーヒーリング・ストーンセラピー・瞑想・整顔で心と体と氣の囚われを解放しゴキゲンに導きます♪
   ・詳しいプロフィールはこちら
 
*ホンマルラジオかがわ・ラジオパーソナリティ
  ・番組名「井上やえのじっくり聴かせて♪」



四国在住

ボディセラピスト歴12年
心理セラピスト歴5年。
総施術数10000人以上。

自身の病気克服体験と
心のトラウマから解放された経験をもとに
心と体と氣の多角的な癒しと 各種講座を提供しています。

 
 

《その他の発信》
 
友だち追加
ワークや講座などのお知らせが届きます。
個別にご質問ができます。

 

囚われ解放の一言ヒントを
つぶやいています。

 

囚われ解放幸せな自由人の
Facebookページ。
グループで交流ができます。

 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る