囚われは自分を守るスキル、だけど断ち切る勇気を。

「私囚われ人(マイナス思考)
 なんです!」

 

自己評価する人、多い!

 

実のところ、私も
以前はかなりの
囚われ人でした(*^^)v

 

何げない会話でも

 

相手の意図とは
かけ離れた解釈で
マイナスに受け止めたり

 

誰も自分の意見なんて
求めていないんじゃないかと
発言することすら控えたり。

 

どちらかと言えば
自己否定派。

 

のちにこれらは
「私は自己主張してはいけない」
という囚われが根底にあると
氣付くわけだけど

 

当時は全くそれが分からず

その思考が
自分の人生のすべて

と信じ込んでいたんだから
筋金入りの囚われ人~(;^_^A

 

あとね、いいことが起こった時も
必要以上に喜ばず

 

これ以上自分の中の期待が
大きく膨らまないようにして

 

なんでもない、たいしたことない、
と振る舞うことによって

 

上手くいかなかった時に
大きな悲しみや失望感を
感じないように
していたと思う。

 

これって結局
これ以上自分が
傷つかないように

自分を守るためのスキル
だったんだよね。

 

だけど、そのスキルを
用いることで、本当に
自分を守り切れていたかといえば
そうではなく。

 

結局、その囚われは
自分を守るためでありながら
自分からネガティブを
引き寄せることになっていた。

 

無意識に身につけている
ネガティブな思い込みは
ネガティブをさらに
引き寄せる種になっている。

 

それに気が付いてからは
無意識に身についていた
思考のパターン(囚われ)を
変えていくように努力したのね。

 

最初からうまくいくはずなくて
何度もぶり戻したけど
日常生活に
落とし込めるようになるまで
気長に続けたら

 

いつの間にか
上手にネガティブな思考を
転換できるようになっていたの。
(これが囚われ解放ね♪)

 

でもね、
ケレンシアの心理セミナーの

受講生さんにその方法を
お伝えすると

 

「そうはいってもなかなか
上手くできません~(´;ω;`)」
って人も
多くて。

 

「うまくできない」っていうのは
「続けられない」ってことでも
あると思うのね。

 

でも、それは


「一度決めたから

やりきらなくちゃ」


とか

 

「切り替えられない自分はなんて
ダメな人間なの」

 

0か100かで
ジャッジするからなんだよね。

 

出来ない時なんて
あって当たり前だから(;’∀’)

 

私だってコンディション悪い時は
戻ろうとするし(;^ω^)

 

だから「それもOK」とゆるゆると
自分を許しながら
やっていくといいよ。

 

戻ったって、「解放された自分」は
経験済みだから、また進みやすくなる。
一度通った道は覚えてるのと一緒。

 

 

そこ、転換していこう!

 

囚われを手離すのは怖い。
だけどその繰り返されるチェーンを
断ち切らないと
人生を楽しめないよ(*^▽^*)
でもって

 

自分で人生を
創っていくということは

自分でどんな思考を選ぶか

 

ってことだからね~(^-^)

 


自分の選んだ思考に
責任持てるようになったら
それが「大人」なんです。
体が大きいからとか
年取ってるから大人
ではないんだな。

 


自分を不幸にする思考を選ぶのか
自分を幸せにする思考を選ぶのかは
結局自分次第だから。

 


自分、幸せにしてあげよう♪

 

ちょっとずつ、進もうやん♪

 

 




《メルマガ登録》

心のケアをはじめ エネルギーや波動の話も盛りだくさん。



メルマガの詳しい説明はこちら↓
心の囚われを解放し幸せな自由人になる3つのステップ無料メルマガ参加方法について
 


《井上やえプロフィール》

*心と体と氣の囚われ解放セラピスト・講師

アロマテラピー・リンパケア・心理学・自然個性学・エネルギーヒーリング・ストーンセラピー・瞑想・整顔で心と体と氣の囚われを解放しゴキゲンに導きます♪
   ・詳しいプロフィールはこちら
 
*ホンマルラジオかがわ・ラジオパーソナリティ
  ・番組名「井上やえのじっくり聴かせて♪」



四国在住

ボディセラピスト歴12年
心理セラピスト歴5年。
総施術数10000人以上。

自身の病気克服体験と
心のトラウマから解放された経験をもとに
心と体と氣の多角的な癒しと 各種講座を提供しています。

 
 

《その他の発信》
 
友だち追加
ワークや講座などのお知らせが届きます。
個別にご質問ができます。

 

囚われ解放の一言ヒントを
つぶやいています。

 

囚われ解放幸せな自由人の
Facebookページ。
グループで交流ができます。

 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る