自己肯定感は高めるだけでなく安定させることも大事

巷では自己肯定感を高める方法がたくさん紹介されていますね(*^-^*)

 

どのサイトも非常にわかりやすく説明されていて、参考になることばかりですが

 

実は…自己肯定感は高ければよい、というわけではないのです。

 

自己肯定感は高すぎてもダメ!?自己肯定感が低いことで得られるメリットと高すぎることで引き寄せるデメリット3つ紹介
https://querencia.club/2019/08/03/blog-126/

 

こちらの記事でも書きましたが、自己肯定感が高くても生きづらさを抱えることがあります。

 

これは何が原因かというと自己肯定感の「不安定さ」にあります。

 

自己肯定感は高い低いという評価のほかに「安定」しているか「不安定」かでさらにタイプが分かれます。


例えば自己肯定感が高くて安定している人は周りの状況や意見などによって自己肯定感が変わることはありません。

 

このタイプの人は以前こちらで紹介したような 行動をどんな時もとることができます。

 

自己肯定感・セルフエスティームとは?自己肯定感の高い人の特徴5つ
https://querencia.club/2019/06/28/selfesteem/

 

困難に置かれても平常心を保つ余裕があり、自分にとって都合の悪いことがあっても自己肯定感が変わることがありませんが

 

「不安定」な人は、人から批判されたり、物事が思い通りに運ばなかったりするとたちまちに自信を無くし、相手を責めたくなることも・・・。

 

日常生活の中でも状況によって自己肯定感が変わりやすく、それを維持するのにいつもエネルギーを消耗します。

 

安定しているか、不安定かを知る簡単な方法として、批判されたときに「冷静に受け止められるか」「感情的になるか」でその違いがわかります。

 

自己肯定感が高く安定している人は自分の思うようにならないことでも受け入れることができますが、高く不安定な人は思うようにならないと自分の価値がなくなったように感じます。

 

「それって自己肯定感が低いのでは?」と感じるかもしれませんがそうではなく、自己肯定感は高いのですが、自分では認めたくない自分自身の弱い側面といつも戦っている状態があり、それが不安定さとなっているのです。

 

そして、自己肯定感は「高くて安定」した状態が最善ではありません。

 

自己肯定感が高くて安定していても「人間関係におけるコミュニケーション」や「人を思いやる気持ち」、「感謝の心」が育っていなければ生きていく上で幸せを感じることは難しいかもしれません。

 

自己肯定感を高め育てることは私たちが幸せに生きるための最初の第一歩です。

 

女性のための自己肯定感を育てる学校では「安定した自己肯定感」の育成を目指すとともに「幸せを感じる心」も同時に育てていくことを推奨しています♪

 

 


 

記事は毎週金曜日22時に更新しています。

更新のご案内はLINE@にてお知らせしていますので

ぜひご登録くださいね(*^-^*)

もしくは@bxl6613sにて検索♪

 

 

現在個人セッションの募集をしております。
詳しくはこちらまで…♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る