プロフィール


井上やえ(いのうえやえ)

女性のための
自己肯定感を育てる学校代表


女性の囚われを解放し
自己肯定感を育て
ありのままの自分を取り戻す専門家

心理セラピスト/瞑想セラピスト/ボディセラピスト

セラピスト歴13年

総施術数10000人以上

 

30年以上に渡る自らの
心の囚われと心因性疾患を
心理セラピー、瞑想ヒーリングで
克服した実体験から

 

女性の囚われを解放し
自己肯定感を育て
ありのままの自分を取り戻すガイドをしています。

 

 


 

はじめまして、井上やえです。
この度は私のホームページにアクセス頂き
誠にありがとうございます。

 

あなたは自分のことをどう思っていますか?

 

「なんて私はつまらない女なんだろう」
「頑張らなければ誰も認めてくれない」
「私の意見なんて誰も聞いていない」

 

やらなければならないことに追われ
忙しい毎日の中で頑張っても報われず
自分の存在価値を見失い
自分を大切にすることを後回しにして
生きづらさを感じていませんか?

 

私たち女性は職場、家庭、
地域、親類、友人関係など、
自分のことよりも周りに配慮するように、と
教えられてきました。

 

誰かのために尽くすことを
当たり前のように求められ
それが喜びや満足感を
もたらすこともありますが
でもそれは、本当の自分を見失ってしまう
大きな囚われになる場合があります。

 

生きづらさの原因が「低い自己肯定感」だと気づいたのには訳があります。


 

子供のころから

 

完璧主義で黒か白か思考
他人軸で人目を気にして自分を出せない
人に頼れず一人で抱え込む


といった「生きづらさ」を抱えていた私は
自分を変えたいと思いながらも
手離せずに生きてきました。

 

しかし30代半ば
環境や人間関係が激変したことで
適応障害、帯状疱疹、成人気管支喘息などを発症。
家に引きこもるようになります。

 

暗い毎日を過ごしていたある日、友人から
あなたは頑張りすぎ自分を許してあげて。」
と言われたことで

 

「もっと周りの期待に応えなければならない」
と思い込んでいたことや
「ありのままの私には価値がない」という
低い自己肯定感に気が付きます。

 

病は魂からのメッセージと言われますが
それがきっかけとなり
心理学とヒーリングを本格的に学び
元々持っていた囚われと向き合う機会を得ました。

 

それからは、学びながら自らが実験台となり
心理セラピーやヒーリングを実践。

 

あらゆるトライ&エラーを繰り返すうちに

 

◆解放するには何が必要か
◆どのような順番で解放すればよいのか
◆自己肯定感を高めるために必要なこと

 

実体験で身に着け体系立てました。

 

 

もしあなたが「生きづらさ」を抱え
ありのままに生きられていないと
感じているなら
今が解放の時、です。

 

このサイトに出会ったのは偶然ではなく必然です。

 

あなたは幸せになるために生まれてきました。

 

あなたの人生はあなたが創造していいんです。

 

自分自身を愛し、自分を肯定し、
自分を信じることができれば

あなたは必ず幸せになるでしょう。

 

実体験からのアドバイスと
長年生きづらさに苦しんできたからこその共感力

 

あなたの自己肯定感を育つまでの道のりを
最適な方法でガイドいたします。

 

女性の心の囚われを解放し
自己肯定感を育て
ありのままの自分を取り戻しましょう。

 

自己肯定感・セルフエスティームとは?


ページ上部へ戻る