プロフィール

井上やえ(いのうえやえ)

*心と体と氣のトータルセラピスト
*ラジオパーソナリティ
*イベント主宰

◆トータルケアサロン代表

四国在住 1972年生まれ。

 

ボディセラピスト歴12
心理セラピスト歴5年。
施術させていただいたクライエントの数は
8000名以上。

 

自身の病気克服体験と
心のトラウマから解放された経験をもとに
心と体と氣の多角的な癒しを提供しております。

 

――――――――――

 

こんにちは。井上やえです。

 

子供の頃から30代後半まで感情を封印。
絵に描いたような
典型的アダルトチルドレンだった私は


思考の囚われや偏りにより
自分に自信がなく
何がしたいのかもわからない
何をやってもつまらない
生きている実感のない日々を
悶々と暮らしてきました。

 

そんな中、36歳で転機を迎えます。

 

環境も人間関係もがらりと変わったことで
ストレスを抱え、適応障害、帯状疱疹
喘息、自立神経失調症などの
心因性の疾患を患いました。

 

焦りや苛立ち
自己嫌悪に襲われる日々でしたが
昔から生き辛さを抱えていたこともあり
心の問題と向き合う格好の機会だと
気持ちを切り替え、一念発起。


様々なセミナーやセラピーを受けます。
しかし、思うように変化はなく
やればやるほど自分を見失い
セラピージプシーに。

 

結局私はこのままなんだ…と
諦めかけた時
心理セラピーと出逢います。

 

セッションを受けながら
並行して
教えてもらった
自分でもできる簡単なセルフワークを
ゆるゆるやっているうちに


ゆっくりと意識が変化し
「ありのままの自分でいいんだ」と
徐々に自分を受け入れることが
出来る様になりました。
比例して
どんどん体調も回復。

 

これがきっかけで
改めて心と体の繋がりを実感した私は
40歳で心理を
42歳でヒーリングを学びました。


それ以来、
自分自身も
日々セルフケアを取り入れ実践しながら
サロンやSkype、講座、イベントなどで
セッションをさせていただいています。

 

ところで…
私はどういったステップを踏んで
心が解放されたのか
簡単にお話ししますね。

 

①自分をありのままに受け入れる。
これは心を解放し育てていく上で
一番基盤となる部分です。

 

②自分をありのままに
受け入れられるようになると
自然体で生活が送れるようになります。


自分の感情を健康的に扱えるようになり
悲しい、悔しい、嬉しい、楽しい
そういった喜怒哀楽の感情を
肯定的に受け止められるようになります。

 

③自然体の自分を経験していくと
自分軸が確立されてきます。
これが解放の最後の段階です。


穏やかな状態で毎日が送れ
喜びや感動、好きなことなど
豊かな情緒を感じられるようになります。

 

自分軸が強く太くなってくると
自己実現に向けて行動できるようになります。

 

井上やえが考える幸せな自由人とは

◆ありのままに自分を
 受け入れることができる

◆自分の感情に責任を持ち
 セルフコントロールができる

◆自分や自分の可能性を信じ
 自己実現に向けて行動できる

◆成長し応援し合える
 コミュニティや仲間がいる

 

小さい頃から囚われに苦しみ
自分が嫌いで、人の目を気にして
生き辛かった私ですが


今では私が通ってきた解放のステップを
たくさんの方にお伝えし
微力ながら幸せな自由人になる
お手伝いをさせていただいています。

 

ここから下は
囚われから解放された今の私です。


私と同じように悩んでいる女性を
一人でも多く解放したい。その想いを胸に
実現に向けて日々活動してます^^

 

 

心と体と氣のトータルケアサロンにて
アロマ・心理・エネルギーワークなどの
個人セッション

 

講師業・イベント主宰
心・体・氣が幸せになる講座を開催

 

女性起業家による女性支援グループに所属
仲間と共にがんばる女性を応援

 

ラジオパーソナリティ
番組名「井上やえのじっくり聴かせて♪」
ラジオを通して
自己実現しているゲストの話を届けます。

 

温かいご縁をゆっくりと紡ぎながら

 

自由で、自分らしく、ありのままに


家族と喜怒哀楽を共に
成長し合う日々を送っています。

 

 

上記のこと、全て。
ほんの数年前までは
何一つ実現していなかったんですよ。

 

最後に…
癒しも、成長も、自己実現も
まずは
一歩踏み出すかどうか


あなたが望めば囚われは解放できます。
本来の自由な自分に戻れた時
人生が動き始めます。

 

ぜひあなたも「囚われ」を解放し
「幸せな自由人」になって
自分らしい人生を創造してくださいね

 

心の囚われを解放し幸せな自由人になる3つのステップ無料メルマガ参加方法について

ページ上部へ戻る